シマボシレストレーションセラムのオリゴペプチド24とは?

シマボシレストレーションセラムのオリゴペプチド24とは?

シマボシ(shimaboshi)レストレーションセラムの成分、オリゴペプチド24とはどういった役目なのか詳しくみていきましょう。





表示名称はオリゴペプチド−24


INCI名は【Oligopeptide−24】です。



INCI名とは、国際的名称のことで国際命名法によって命名されたものです。


このシマボシレストレーションセラムの成分として含まれるオリゴペプチド−24は13個のアミノ酸からできている合成ペプチドといわれるものです。


合成ペプチドとは、100年以上前に誕生したアミノ酸を結合してつくられています。


同様の合成ペプチドで有名なところでは、血糖値をさげるインスリンがあり、これは21個のアミノ酸からできています。


ただ、こうしたアミノ酸の結合により合成ペプチドを作る方法はなかなか難しくインスリンでさえ、合成が成功するまでかなり時間がかかりました。


さて、このようなアミノ酸の合成によりできているオリゴペプチド−24ですが、構成している主なアミノ酸は、次の通り。



・アルギニン
・システイン
・イソロイシン
・グルタミン酸
・グリシン
・メチオニン
・チロシン




こうしたアミノ酸により結合されたオリゴペプチド−24はシマボシ(shimaboshi)レストレーションセラムの成分として、新しい細胞の生成を促進させます。


つまり、【新陳代謝】を促進させます。


このオリゴペプチド−24の働きにより新陳代謝が活発になるので、ターンオーバーも促進されるというわけです。


これが、シマボシ(shimaboshi)レストレーションセラムに成分として含まれるオリゴペプチド−24の役割です。


年齢が衰えてくると、一定周期で常に新しく細胞がうまれて肌のトラブルや傷が自然となおっていっていたものが、だんだんと治りが遅くなります。


そうしたことを改善するために、シマボシ(shimaboshi)レストレーションセラムの成分として、オリゴペプチド−24が含まれています。



>>【シマボシ(shimaboshi)レストレーションセラムの口コミ】に戻る

 

サイトマップ